真田に学ぶ処世術・その1

「かつての敵とも協力するしたたかさ」を持つ

真田家中興の祖と言われる、真田幸隆(幸村の祖父)は海野平の戦い(天文10年(1541年)で武田信虎に敗れ、一時は上州に落ち延びます。

しかし、その後真田領回復のため、武田信玄の時代には武田氏に従い、お家復興を果たしました。

目的達成のためには、かつての敵であっても、従い、協力する、幸隆のしたたかさが見てとれます。

もちろん、その性格は昌幸にも受け継がれ、信幸・信繁にも伝わっていくこととなります。

真田家が厳しい戦乱の世を生き残れたのも、幸隆のもっていた「したたかさ」のDNAのおかげと言えるかもしれません。

You must be logged in to post a comment Login