真田に学ぶ処世術・その2~駆け引き~

驚きの駆け引きと迅速な行動でわずかなチャンスをつかむ

それまでの主家であった武田家の滅亡後、織田信長に仕えることとなった真田家は、上州(現在の群馬県)の拠点である沼田城と岩櫃城を召し上げられてしまいます。

しかし、本能寺の変で織田信長が討たれると、真田家にチャンス(逆に言えば、大ピンチ)が訪れます。

真田昌幸は策謀により、北条家・徳川家・上杉家を出し抜く事に成功。沼田城、岩櫃城の奪還に成功。

名実ともに大名としての独立をすすめていくことになります。

 

このあたりのお話しは、大河・真田丸の第5回「窮地」で展開されることになりそうです。

 

 

 

You must be logged in to post a comment Login