第3回「策略」

sanadamaru-story-03

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介

第3回「策略」

 

【ストーリー(あらすじ)】

 

(信繁の淡い恋のお話しもこの回から展開していきます。

信繁を取り巻く二人の女性、梅ときりがこの回に初登場。三角関係を予感させる展開に。)

真田家はその郷小県に帰ってきます。昨日の敵であった織田につくという昌幸(草刈正雄)の案に、昌幸の弟・真田信尹(栗原英雄)や、叔父・矢沢頼綱(綾田俊樹)が賛同します。

信繁(幸村)は、上杉・北条両者との両方の内通の橋渡し役を努めてきた信尹が、そのどちらにもつかないと判断した昌幸の背中を押したと聞き、信尹への尊敬の念をことさらに強めます。

(※信尹は昌幸の弟であり真田家の家督を継ぐものありませんでした。信繁も同じく、そんな立場の信尹の振る舞いや行動。家を守るための姿勢に共感を覚えます。)

 

昌幸は織田の信用を得るためには、近隣の国衆総出で織田に会いに行くことが必要と考えるが室賀正武(西村雅彦)の反対にあい断念します。

 

今後、真田最大の天敵となる徳川家康が登場

そのころ、旧武田の軍拠点・高遠城では、徳川家康が織田信忠から命ぜられ、信長を迎える準備を整えていました。

壁には生々しい戦の傷跡が残っていたが、神経質な信長のため渋々ながら掃除を指示する家康。そこに家臣の本多忠勝が現れます。

家康は無念の最期を遂げた亡き武田勝頼を手厚く葬ってやろうと提案。家康に武士の情けを感じた忠勝は感動しますが、家康の本意はそのことを旧武田家臣に知らしめ、徳川に人心を集めることにありました。

折しも小山田家の生き残り茂誠が家康と出くわしますが、家康の「戦はもう終わった」の言葉に茂誠は放免されます。

 

sanadamaru-03-main

そして、昌幸は、信幸に上杉景勝への密書を託します。

内容は景勝からの誘いに応える内容だと伝える昌幸。

信幸「織田につくのではないのですか!」

昌幸「決めたわけではない!」

 

昌幸の二枚舌に驚きながらも、信幸は重責を果たすべく忍びの佐助とともに出発します。

ですが、この動きは室賀氏に筒抜けで、道中、密書とともに佐助の命も奪われてしまいます。

これを読んだ室賀は、これを信長に見せることで真田を出し抜き、自分のことを信用させようと企みます。

 

ですが、室賀をこのように仕向けることこそ、昌幸の狙った罠でした。

昌幸 「あれを読んで、信長はどう思う。この真田という男、方々から声をかけられている。旨味のある人物であるに違いない。自分も味わってみたいものだ。信長ならそう考える。」

そもそも上杉からの誘いなどなく、かつて敵だった信長との対面に備え、自らの信用をあげるため、一芝居打つよう仕組んだのです。

佐助の死も芝居でした。

(※この時、同じくその場にいたにもかかわらず、芝居の出来ぬ男だからと、昌幸から何も知らされていなかった信幸は動揺を隠せません。)

そして、昌幸に信長からの召喚状がとどきます。

昌幸は死をも覚悟しつつ、信幸に真田家の行く末を託して、信繁(幸村)を伴い織田に出向きます。

 

【第3回の見どころ】

この回から、ドラマに花を添える恋愛話も展開していきます。信繁、初恋の相手の梅役には黒木華(はる)さんと、同じくのちに側室となり大坂の陣まで信繁に寄り添った梅役に、長澤まさみさん。

そして、他にも徳川家康(内野聖陽さん)に、その家臣・天下無双の豪傑、本多忠勝役には藤岡弘さん(まさに豪傑なイメージにぴったりですね。)などが登場します。

また、第1回からとても評価も高い、草刈正雄さんの真田昌幸の演じっぷりですが、この回も裏の裏まで読んだ知略で周囲を圧倒していきます。

・真田丸がよくわかる!人物相関図はこちら

・次回放送の第4回「挑戦」、ストーリーダイジェストはこちら

 

You must be logged in to post a comment Login