第二次上田合戦~関ケ原に遅参させたしたたかな戦い~

第二次上田合戦までのいきさつ

真田昌幸や徳川家康、上杉景勝が豊臣政権に臣従した後、北条氏政は天正18年(1590年)からの小田原征伐により切腹し北条家は没落しました。この後、家康は関東に移封されることになります。

しかし、慶長3年(1598年)、秀吉が死去すると、豊臣政権では五大老筆頭の地位にあった家康の影響力が強まりました。

反徳川勢力は五奉行の石田三成を中心に結集して、慶長5年(1600年)6月、家康が会津の上杉征伐の兵を起こして大坂を離れると、三成は毛利輝元を総大将として西軍を組織し挙兵します。(※関ヶ原の戦い
当初、真田昌幸は東軍を率いる家康に従いますが、7月下旬に下野で次男・真田信繁(幸村)とともに離反、上田に帰還し西軍に与しました。これに対して長男の信幸は東軍に従います。(※現在までの通説では、西軍と東軍、どちらが勝利しても真田一族が残れるよう分かれたとされています。しかし近年では、信之の妻が家康の養女、また信繁の妻は大谷吉継の娘で、さらに昌幸の妻が石田三成の妻とは姉妹の関係にあったことが理由との指摘もされるようになりました。※関連記事、昌幸の室・薫(山手殿)の出自

徳川家康率いる東軍は、下野国小山において三成ら西軍の挙兵を知り、軍を西に返します。
この時、家康の本隊や豊臣恩顧の大名などの先発隊は東海道を進みますが、徳川秀忠率いる3万8000人の軍勢は中山道を進んで西に向かいました。そしてその進路に、真田父子が立て篭もる上田城があったのです。

 

第二次上田合戦、開戦 ~昌幸の策謀~

小諸に到着した秀忠は、信幸と本多忠政(信幸の正室・小松姫の弟)に命じて、昌幸に対して開城するよう求めます。

ここで昌幸は、のらりくらりと返事を先延ばしにして、時間稼ぎに徹するのでした。

数日後、昌幸から届いた返事は、「返答を延ばしていたのは籠城の準備の為でござった。充分に仕度は出来たので一合戦つかまつろう。」というものだったといいます。

あまりに大胆不敵な宣戦布告に、秀忠は怒って上田城攻略を決意。この時、本多正信や徳川四天王の一人・榊原康政などは寡兵の真田氏を侮ることはせず、上田城を黙殺して西軍との主戦場(関ヶ原)に急ぐべきだと進言しますが、兵力差が圧倒的だったこと、土井利勝を始めとする戦場に疎い将が多かったこと、さらに前述の第一次上田合戦で真田軍に煮え湯を飲まされた事を恨む者が多かったこともあり、秀忠の決断を覆すことは出来ませんでした。

これこそまさに昌幸の思う壺だったわけです。

昌幸の目的はあくまでも時間稼ぎ。この時点ですでに戦わずして秀忠隊を3日間足止めしており、さらにあからさまな挑発を加えることによって徳川方に揺さぶりをかけるのでした。(※仮に徳川勢が挑発に乗らず上田城を素通りしたとしても、すでに3日の足止めには成功して役目は充分に果たしているわけです。
家康隊との合流を急ぎたい秀忠隊の事情を考えれば長期戦が行えないことは明らかであり、兵力で圧倒されていようとも城に籠もって数日間持ちこたえれば徳川勢は引き上げるだろう、と昌幸は踏んでいました。短期決戦を行うしかない徳川勢の採れる戦術は自ずと限られ、その分読みやすく御しやすい。しかもありがたいことに総大将の秀忠はこれが初陣でした。

徳川勢が挑発に乗らなければ良し。乗ればなお良しの二段構え。狡猾な昌幸の策に陥った徳川勢は戦わずして苦しい状況に陥れられることになります。

 

いよいよ合戦へ ~真田家同士の討ち合いは避ける~

秀忠軍は小諸から上田城の東にある染谷台に陣を移し、真田信繁の守る上田城の支城・戸石城に対して、信繁の兄である信幸の軍勢を差し向けます。
徳川首脳陣には真田一族である信幸に疑念を覚える者が多く、あえて実弟と戦わせることによって信幸の心中を試すと同時に、万が一に備えて上田城攻めから遠ざけようとしたと言われています。
しかし、迫り来る軍勢の大将が兄である事を知った信繁は兄弟で争う事を嫌い、あっさりと城を捨て上田城に引き上げました。信幸軍は戦わずして戸石城を接収て勝鬨(かちどき)を上げます。

これは、信繁が父弟が敵方に回り、東軍内での立場が危うかった信幸に手柄を上げさせ、信幸に対する秀忠の信用を高めようとしたため、また、信幸軍を戸石城に釘付けにする事により、結果的に上田城に攻め寄せるであろう兵を減殺すると同時に、信幸を上田城攻めから外させて真田一族での同士討ちを回避しようとしたためと言われています。事実、信繁が戦わずして戸石城を信幸に明け渡したことにより、東西両軍の真田勢も城も傷つかずに済んだのでした。

 

真田昌幸の本領発揮、秀忠を手玉に獲る

戸石城を落とした後、秀忠軍は早速上田城の攻略に取り掛かります。
短期決戦を狙う秀忠は真田軍を城から誘き出すため、城下の田畑の稲を刈り取る苅田戦法を取り、9月8日、牧野康成率いる手勢が上田城下の稲の刈り取りを始めました。
徳川方の狙い通り、苅田を阻止しようと真田方の軍勢数百人が城から飛び出してきます。

そこへ、後備えとして潜んでいた本多忠政隊が襲い掛かり、真田勢はあっさりと敗れ上田城へと逃走。それを酒井、牧野、本多の各隊が追撃し、一気に上田城の大手門前まで迫ります。

しかし、それらの流れは全て昌幸の作戦だったのでした。

徳川勢が上田城の大手門へと迫ったとき、突如として門が開いて、門の向こう側で待ち構えていた真田の鉄砲隊が一斉射撃を浴びせます。
さらに城内からも銃矢が降り注ぎ、徳川方の先鋒は大混乱に陥りました。功を焦った徳川勢は、逃走する真田勢を遮二無二追撃していたため、大手門に到達した時は隊列・陣形共に型を成さない状態に陥っていたのです。
このため、反撃を浴びて崩された先鋒隊が撤退しようとするも、勢いのままに前進してきた後続の軍勢と鉢合わせになり進退窮まったところへ、城内から真田勢が討て出て徳川軍を散々に打ち破りました。

さらに昌幸は徳川勢に追い打ちをかけます。

前日の夜に密かに上田城を出て染谷台の北東に潜んでいた信繁隊200が秀忠本陣に奇襲をかけたのです。
信繁隊は鉄砲を一斉に撃ちかけ、浮き足立った秀忠本陣になだれ込みました。秀忠自身は家臣に馬を与えられ辛うじて小諸へと逃れました。また昌幸は神川の上流に堤防を築いて、神川を密かに塞き止めており、信繁の合図で堤防が切られると大量の水が濁流となって染谷台に押し寄せ、真田勢に追われていた神川付近の多くの徳川勢の人馬が飲み込まれる事となり、第二次上田合戦はわずか1日で真田方の大勝に終わりました。
秀忠は上田城が予想外に頑強であることに驚き、一旦全軍を小諸へと撤収させました。しかしその直後、九月八日になって家康の書状を携えた使者が到着。
その内容が「九月九日までに美濃赤坂へ着陣すべし」というものだったのでした。驚愕した秀忠は上田城に押さえの兵を残して先を急ぐことにします。しかし、この上田での遅延だけでなく道中の悪天候も災いして、遂に9月15日の関ヶ原本戦に遅参するという大失態を犯してしまうのでした。

この失態に家康は激怒し、秀忠にしばらくは対面することすら許さなかったと言われています。

しかし、関ヶ原の戦いが西軍の敗北に終わり、西軍に与した昌幸と信繁は戦後処理で死罪を命じられますが、信幸(信之)とその岳父である本多忠勝の助命嘆願などもあって一命を助けられたといわれ、はじめ高野山、のち信繁が妻を同行させることを願ったため九度山に流罪となりました。

 

関連記事 ~新説・秀忠が関ケ原に遅れた本当の理由~

You must be logged in to post a comment Login