第6回「迷走」

sanadamaru-story-06

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介

第6回「迷走」

 

【ストーリー(あらすじ)】

信長の横死で事態は急変していく

本能寺の変後に事態は急変、混沌として行きます。

 

安土城から故郷へと向かう信繁一行ですが、明智の追ってに見つかり、信繁・茂誠と松ははぐれてしまいます。

その後、松を捜すという茂誠と別れて先に真田に向かうことにする信繁。

その頃、信濃では信長の死を知った一益から、昌幸が召喚されていました。

今後の身の振り方に悩む昌幸でしたが、信幸の意見もあり、国衆は自分がまとめるから、明智を討てと一益をたきつけます。

そして、信繁と三十郎(矢沢頼康)は、旧武田領を脱出しようとする織田家臣・森長可と出会います。

長可は、国衆の出浦昌相に護衛されていました。

信繁は他の国衆は森から離れているのに何故、出浦は助けるのかと昌相に尋ねます。

出浦は、自分は「素っ破(忍者)」ゆえ、君主には最後まで尽くす流儀がある。その流儀は乱世でこそ価値がある。

と語ります。

出浦昌相は真田十勇士の霧隠才蔵のモデルとも言われる人物です。

一方、一益の後押しをするという昌幸は、室賀正武の猛反対にあいます。

しかし、今回はあっさりと室賀に従うという昌幸を見て、混乱する息子・信幸。

※この裏で昌幸は北条に使者(弟・信尹)を出し、一益が明智を討つ間、織田を討たぬようにと頼んでいました。

北条は快諾しますが、その腹は、明智討伐が済めば、すかさず信濃を攻めることにあります。

そして、なんとか浜松に戻った家康は、一益から北条討伐のための援軍を要請されますが、断るでもなく、受けた上でのらりくらりとかわそうと心に決めます。

ようやく真田に帰り着く信繁。

松の行方不明を伝えると取り乱す薫。

またこの後、とりときりが一益の人質にとられることになります。

 

そして、信繁の何気ない一言が昌幸を決断させる

6月3日、明智光秀が山崎の戦いで豊臣秀吉に敗れると、昌幸は一益ら旧織田軍が天下をとることはないと感じます。

次につくべき主君は誰かと悩む昌幸に、

信繁「私はこの景色が好きです。信濃は日本の真ん中ですから。信濃に生まれたことを誇りに思います。」

この言葉が、昌幸に新しい案を思いつかせます。

 

【見どころ】

いよいよ状況が混沌してきて、登場人物の思惑もそれぞれに入り乱れて、見ているほうも整理するのに少し時間が必要かもしれません。

ラストは、まさにピンチの中にチャンスあり。を体現する昌幸の真骨頂を予見するひらめきでこの回が終わるようです。

このアイデアのヒントを、三谷さんは信繁の言葉の中に詰めました。

 

 

You must be logged in to post a comment Login