伊賀流忍術の使い手・佐助最大のライバル~霧隠才蔵~

kirigakuresaizou-001-main

真田十勇士の筆頭格・猿飛佐助。そのライバルと言えば、みなさんもご存知のこの人物「霧隠才蔵」でしょう。

実際に講話や文庫などの「真田十勇士」でも佐助に代わり主役を務めることも。

子供たちからの人気も二番手であったに違いないと思います。

 

「立川文庫」の霧隠才蔵は、北近江の戦国大名・浅井家に仕えた侍大将・霧隠弾正左衛門の遺児という設定です。織田信長に浅井家が滅ぼされると、才蔵は郎党に守られて伊賀の里に落ち延び、そこで伊賀流忍術の達人「百地三太夫」に手ほどきを受けます。

佐助の甲賀流に対し、才蔵は伊賀流という設定。キャラクターイメージも、愛嬌のある佐助に対して、才蔵はクールな美男子。両者を対象的に描くことで、物語や人物像にも深みが出ているのだと思います。

伊賀忍術をマスターした才蔵は、その後、山賊をしている最中に佐助と出会い対決します。勝負を通して才蔵の才能を認めた佐助は、幸村に才蔵を紹介します。

そして最大の活躍の場は大坂夏の陣。忍術を駆使して家康の陣を攻撃。その首を狙います。

 

才蔵のモデルになったと言われる人物は、幸村配下の忍者・霧隠鹿右衛門。ただし、この人物も創造上の人物の可能性があり、真偽のほどは不明です。

また、真田家の忍者の頭領と言われる出浦昌相もそのモデルの可能性があります。

 

その他、真田十勇士の記事についてはこちらをクリック

 

 

 

 

 

 

You must be logged in to post a comment Login