兄・三好清海入道にも負けない豪傑~三好伊三入道~

izou-001-main

同じ真田十勇士の、三好清海入道の弟という設定の豪傑がこの三好伊三入道です。

立川文庫の「真田幸村」では、三好家を出奔した破戒僧として。

また、「真田三代記」では、後に同じく真田十勇士のメンバーとなる、由利鎌之助と手を組んで山賊に。その後、先に真田幸村の家臣となった三好清海の紹介で真田軍に加わります。

 

その後の活躍は、ほとんどが兄とともに行動を同じくし、第二次上田合戦では殿を務めて活躍。

また大坂の陣では、大坂城落城の際、徳川秀忠を後もう少しというところまで追いつめます。

ラストシーンは兄が馬上、切腹する脇で辞世の句 「落ち行けば、地獄の鎌を踏み破り、呆羅刹に事を欠かん」 を詠み上げます。

 

三好清海入道のモデルが実在の三好政康であれば、この三好伊三入道のモデルも、その弟の三好政勝だ。という説があります。

政勝は織田信長と敵対して戦いますが、敗れ降伏。信長によって一時は摂津国の豊島郡を安堵されています。

ですがその後、信長を裏切る松永久秀に味方して、信長方の細川を攻撃。

本能寺の変ののち、豊臣秀吉に仕えて文禄の役などに参加したという記録があるそうです。

さらに、秀吉の死後は徳川家康に鞍替えしていて、関ケ原の合戦では東軍として参戦。この活躍を認められ、結局、2020石を拝領するにまで至りました。三好家が滅ぶとも、なんとか元は取り戻し96歳で亡くなったと言われます。

 

その他、真田十勇士の記事についてはこちらをクリック

 

 

You must be logged in to post a comment Login