真田家の甲冑~信繁(幸村)所用・鉄二枚胴具足~

sanadakaxtucyu-003

真田信繁(幸村)の所用だったと伝わる胴具足。

鉄二枚胴具足です。

南蛮(ヨーロッパ)の甲冑の影響を受けているデザインで、松代藩真田家に代々受け継がれ来たという一品。

※松代藩真田家は信繁の兄・信幸(信之)を藩祖とする家系になります。

真田家の甲冑は、どれも実用性をあくまで重視したデザインにその特徴があると思われますが、こちらの胴具足も「あくまで動きやすそう」な中に、高級感とお洒落感もうまくマッチングさせていると言えるでしょう。

まさに、実用的で、なおかつお洒落、さらに高級。三拍子の揃い踏みです。

膝かけ部分のチェックは、まるでヴィトンのダミエのようですし、腕の部分には、四角形タイプのスタッズのようなものも見受けられます。

この時代の戦国武将の甲冑は、ほんとにデザインがすごいです。

 

※こちらの甲冑は大坂城でご覧になれます。

 

 

 

You must be logged in to post a comment Login