幸村・第一の影武者~穴山小助~

真田十勇士の穴山小助

モデルになったと言われるのは、やはり同姓同名の穴山小助で、穴山梅雪の甥にあたる人物。

(※穴山梅雪は真田丸第一話にも登場します。)

ただし、小助に関しては、創造上のキャラクターという説もあります。

 

小助のストーリーは、武田滅亡後、父・穴山信光とともに浪人武者として各地の戦場を子供ながらに足り歩き、合戦の英才教育を受けます。父の背後から槍を構える姿が噂になり、幸村のスカウトを受けるという設定。

十勇士のメンバーとなった後の小助は、背格好が幸村にたいへん近いため、幸村の第一の影武者として様々な活躍をします。

大坂夏の陣では、徳川の重臣・本多忠朝と幸村が一騎打ちに。しかし、この一騎打ちの最中、小助は周囲にバレないように幸村と入れ替わるという離れ業を見せます。

「正真正銘の真田幸村」を大きく名乗り、大軍を相手に奮戦。幸村の身代わりに討ち取られ、影武者としての仕事を成功させます。

 

その他、真田十勇士の記事についてはこちらをクリック

 

You must be logged in to post a comment Login