堀田作兵衛

信繁(幸村)大坂入城の際には、上田より駆けつけた忠義の臣

大河・真田丸で藤本隆宏さん演じる「堀田作兵衛」(堀田興重とも言います)。信繁、最初の正室とも言われる梅(黒木華さんが演じます)の兄にあたる人物です。

ドラマでの堀田作兵衛は地侍で、農兵兼業で真田家を支えるという家柄。末端の家臣のようにも見えますが、信繁との関係などから、後に家臣団の中では旗本の位置づけとして存在したと思います。

ゲリラ戦、情報戦などを得意とした真田の合戦スタイルには、忍者の活躍はもちろんですが、この農兵兼業で臣従してくれる領地の人々も貢献したと想定出来ます。事実、昌幸は秀吉の時代に進んだ「刀狩り」による兵農分離策には積極的にしたがわなかったようです。このことは、以後、徳川秀忠の関ケ原遅参という大失態のきっかけになった、第二次上田合戦においての真田家の大勝利にもつながるもので、その際にも一定数の農民兵が戦闘に参加。秀忠軍を翻弄するのに活躍しました。

真田三代(幸隆、昌幸、信幸・信繁)と激動の時代に仕えた真田家の家臣たち。その中でも、いわゆる身内であった作兵衛のような人物は相当な苦難をともにしたと考えます。

そして作兵衛は、義兄・信繁が豊臣方として大坂城に入城すると、自らも上田から大坂城に駆けつけ大坂の役に参戦。信繁(幸村)とともに大坂夏の陣で討ち死にします。真田丸の佳境、感動のエピソードとしてこの作兵衛にもスポットがあたることでしょう。

※大坂へ参陣する前に妻子を小県郡内に隠しましたが、戦後の捜索で発見され、信之にとって身柄が確保されました。少し悲しいのですが、長女は京で刑死されたとの資料があります。

その他、真田家臣団のメンバーはこちら

You must be logged in to post a comment Login