第15回「秀吉」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介

第15話「秀吉」

【ストーリー(あらすじ)】

別室で控えていた信繁の前に突然現れた秀吉。
その秀吉が信繁を連れて向かったのは、なんと遊郭。その場で機転を利かせた信繁は、秀吉に気に入られます。
また信繁は、将来の舅・大谷吉継にも会うことに。
一方の真田家では、信幸が居所のない寂しさを募らせてゆきます。

秀吉にたいへん気に入られる信繁

名乗りもせずに信繁を屏風の後ろに引き込んだのは、まさに豊臣秀吉、その人でした。

福島正則に用意させた着物に着替えると、秀吉は信繁を伴って城下に出ます。ふたりが向かったのは、なんと遊郭。吉野太夫の舞に興じる秀吉。その頃、大阪城では、秀吉が脱ぎ捨てた着物を、石田三成が見つけていました。

上杉景勝に会わなくても良いのかと尋ねる信繁に、秀吉は真田昌幸に手を焼いているとこぼします。

そこにやってくる三成。

秀吉の行動はお見通しだと嫌味を言う三成に、秀吉は信繁が大阪を楽しみたいと言うので連れてきたと言い、帰ろうとしません。信繁は機転を利かし、「殿下、私のような者のお頼みを叶えてくださり、申し訳ない限り。私は存分に楽しんだので、どうぞ城にお戻りください。」と言います。

秀吉は城に戻りますが、景勝に会うのは翌日になります。景勝よりも先に秀吉に会ったと言えないまま困る信繁。そんな中、景勝は信繁に対して、真田と豊臣の仲介をしようと申し出てくれ、信繁は、複雑な気持ちで感謝の気持を伝えます。

 

信繁は、将来の舅・大谷吉継にも会うことに

謁見を前日に控え、信繁は三成の屋敷で大谷吉継に紹介されていました。

三成は信繁をねぎらうだけでなく、吉継に紹介します。最初に会った時と打って変わって態度が丁寧になってきた三成に、不審の念を抱く信繁。吉継は、三成の理が立ちすぎる人柄を説き、秀吉が信繁を気に入ったので、三成も信繁を尊重するようになったのだと言います。そして、秀吉は気に入った者を傍に置きたがるので、信繁もこれからいろいろと大変なことになるよ。と忠告してくれるのでした。

そんな中、昌幸のもとには、大坂城に上洛するようにとの秀吉からの書状が届きます。しかし昌幸は信繁が大阪にいることを利用していったん様子を見ることにします。

父が信繁を重用することに、次第に寂しさを募らせる兄・信幸。

そんな信幸の心中を察した昌幸の妻・薫は、昌幸に「息子は信繁だけではない」と言います。昌幸は、「乱世が終わり、荒れ果てた土地を再び耕して国を立て直す時こそ、信幸の生真面目さが役に立つ」と言うのでした。

大坂城では、ついに景勝が秀吉との謁見を果たします。

景勝は、従四位下に任ぜられますが、秀吉から今後は真田に肩入れしないように釘を刺されます。しかし、そのことを信繁には伝えられない景勝。

その後、三成が一同を茶席に案内すると、千利休が茶を点て、秀吉と景勝が飲んだところで、景勝と信繁に先にその場から退室するように言う秀吉。二人が出た後、千利休は景勝が茶を飲んでいた時の様子から、景勝が秀吉の下につくと見立てるのでした。

You must be logged in to post a comment Login