真田丸、今後の見どころ

NHK大河ドラマ「真田丸」見どころ紹介です。

第19話「恋路」以降、関ケ原の合戦(真田的には第二次上田合戦)までの重要ポイントをまとめました。(※時間軸には沿っていません。)

 

沼田領問題の裁定

名胡桃城事件

●上記をきっかけとした、秀吉の小田原征伐、そして秀吉の天下統一

●上記の結果、沼田領は真田信幸に与えられ大名となる。(人質を解放された信繁も、実質的に大名になっていたと思われます。)

●朝鮮出兵(文禄の役)

●信繁に官位。従五位下左衛門佐(さえもんのすけ)

●秀頼の誕生

●秀次の粛清

●朝鮮出兵(慶長の役)

●秀吉死去

●加藤清正、福島正則らによる石田三成襲撃事件、これにより三成は佐和山蟄居

●家康の会津征伐(上杉征伐)

●上記の隙を見て石田三成が挙兵

●犬伏の別れ

 

以上、ざっと取り上げられそうなものだけでこれだけあります。天正17年(1589年)の名胡桃城事件から慶長5年(1600)の関ケ原の合戦へは、時間にして11年程度なのですが、ドラマにゆったり組み入れ可能なビッグイベントが軒並みですね。

こちらもあわせてご覧下さい ●茶々という女性~秀頼の父親は誰なのか~

You must be logged in to post a comment Login