第23回「攻略」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介

第23話「攻略」

いよいよ、北条攻めが秀吉の天下の軍によって行われることとなりました。

その大軍勢の陣立てを任されるのは石田三成。持てるだけの知識を駆使し、諸大名が集合する軍議にでます。

三成の采配は、総大将に近江中納言秀次(豊臣秀次)、その後見役に徳川家康。軍勢を二手に分け、秀次の本軍は東海道から小田原へ。もうひとつは、前田と上杉が率いる軍勢で、こちらは東山道を通り、上野・武蔵方面の北条方の城をすべて落とす目論見です。真田は徳川の与力大名ですが、上野を攻めることを考慮して、上杉の軍勢に組み入れられました。

 

前代未聞の大軍勢

天正18(1590)年4月、総大将・豊臣秀次が率いる18万の大軍が小田原城を包囲します。秀吉の本は箱根の早雲寺。

信繁は、三成、吉継とともに、眼下に小田原城を望む小高い丘に登ります。味方の軍勢が、天下の堅城と呼ばれた小田原城を取り巻いている圧巻の眺めに目を奪われていると、秀吉からの下知が届くのでし。各陣をまわり、諸将を集めよ。というものでした。

信繁はまず、秀次の陣に行って招集を伝え、次いで、家康の陣に向かいます。この際、この戦いで総大将に任命されなかった家康は、徳川と北条の手切れについて信繁に語り、秀吉の信任も厚い信繁に口添えするよう頼みます。

 

秀吉の陣に諸将が集結

この戦いで、敵対する勢力を一掃するつもりの秀吉。北条だけではなく、伊達政宗に加え、未だ臣従しない、陸奥、出羽の大名たち。彼らもこの大軍勢を見れば必ず臣従を決めるであろうと、長戦を決めていることを伝えます。秀吉は余裕綽々で、京から茶々を呼び出し、長丁場を過ごすつもりでした。

軍議のあと、小田原城を一望できる場所に家康を誘った秀吉。眼下を見下ろし、戦のあと、駿河・三河の変わりに、北条の関八州を授けるという話をします。実り豊かな土地を取り上げられ、ススキ野原に移されてしまう家康は、その場に茫然とたたずむのでした。

 

足並みの揃わない北条と、余裕の秀吉軍

小田原征伐はこれと言った進展もないまま5月に入ります。小田原城では、毎日のように氏直が軍議を開き、開城か徹底交戦か家臣一同と話し合いますが結論は出ません。(小田原評定)

しかし、この非常事態に、氏政は歌を詠み、蹴鞠に興じ、うっすらと化粧をするようになってしまいます。見かねた板部岡江雪斎は、敵の来襲を恐れるからこその行動であると、氏政を諭します。

秀吉は小田原に、阿国の一座。また利休を呼び寄せます。茶々は信繁とともに利休の陣に出向いて、豪華絢爛な特上品を見るのでした。

 

伊達政宗が降伏。事態は動きます。

一方、東山道を進む上杉の軍勢は北条方の城を次々と落とすと、武蔵の忍城では信幸が初めて指揮を執ることとなります。しかし、6月を過ぎても、未だ攻めあぐねていることに、やきもきする三成。戦は机上の軍略どおりには進まないものだと吉継に諭されるのでした。

そして、6月9日には伊達政宗が真っ白な死に装束で秀吉の陣を訪れ、恭順の意を表します。

伊達が降伏したことで、秀吉の目的はひとつ達成したこととなり、戦を長引かせる意味がなくなり、小田原城への総攻撃の開始を決意する秀吉。北条方で未だに残っている忍城の攻めは吉継の献策で、三成が直接指揮を執ることになりました。

最期の頼みの綱であった伊達の降伏に、氏政は顔をこわばらせます。切腹すると言う氏政に江雪斎は徳川へ、助命嘆願を願い出ることを提案。氏政を説得するのでした。北条家存続のため降伏へと傾く氏政。本領安堵、上杉と同等の扱い、豊臣の重臣として扱うよう条件をつけるのですが、この虫の良い条件を秀吉は一蹴します。

 

三成、忍城攻めを指揮することに

三成が上杉の陣に到着したのは6月12日。落城出来ない不手際を責め、4日で落とせると豪語する三成。自信満々に水攻めを宣言します。

 

信繁、小田原城に潜入。そこで出会った意外な人物とは。

6月20日。信繁は折り入って話があると吉継に呼ばれます。その場に家康もいました。徳川の使者が小田原に入って降伏について話し合っているがらちがあかず、氏直は降伏を受けいれそうだが、氏政は討死する覚悟だと言います。信繁に城の中に入り、氏政を説き伏せる役目を願う吉継。重大な役目を受ける信繁。深夜、佐助を伴って小田原城に向かう途中、本多正信が待っていて、信繁に白羽の矢を立てたのは、氏政を説得出来るのは信繁しかいないと言う、江雪斎の要請だと打ち明けます。

北条の命運が信繁の手に握られることになります。しかし、降伏に反対しているものも城中にはおり、正に命がけの任務となるのでした。数人の侍に襲われたその時、信繁を助けたのは、義兄・小山田茂誠その人でした。

 

関連記事

①、よくわかる小田原征伐

②、真田の小田原征伐 ~のぼうの城を真田も攻めていた!~

③、伊達男・伊達政宗の白装束

You must be logged in to post a comment Login