第32回「応酬」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介
第32話「応酬」

上杉景勝(遠藤憲一)、宇喜多秀家(高橋和也)など有力大名たちによる政権運営が始まる。

家康(内野聖陽)と三成(山本耕史)は、お互いに宴(うたげ)を開いては、自分の陣営の大名を増やそうと躍起になる。

加藤清正(新井浩文)や伊達政宗(長谷川朝晴)も徳川に傾き、次第に三成の形勢は不利に。信繁(堺雅人)や大谷吉継(片岡愛之助)がいさめるのも聞かず、三成はある行動を起こす。

 

【見どころ】

前回の秀吉の死の後、いよいよ関ケ原&第2次上田合戦(~犬伏の別れ~)へ向けて、新しい展開の幕開けです。

予告動画をみる限りは、「家康vs三成」のかなり露骨な政局争いがおこなわれる模様。(いままでの大河にはない画期的な雰囲気です。)

また、この回は久しぶりの伊達政宗の登場に加え、新キャラも続々登場のようで、

大坂の陣では信繁とともに徳川勢と戦うことになる、長宗我部盛親(阿南健治さん)、明石全登(小林顕作さん)の他、

細川忠興(矢柴俊博さん)、長束正家木津誠之さん)、毛利輝元(浅地直樹さん)、前田利長(萬雅之さん)に、前田利家(小林勝也さん)など(※利家は今回か次回には亡くなってしまいますね。

それから、今回の登場はなさそうですが、島左近の配役に玉置孝匡さんが決定しているようです。きつと、三成の散り際に一花咲かせてくれることでしょう。

You must be logged in to post a comment Login