第33回「動乱」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介
第33話「動乱」

秀吉の遺言をことごとく無視し、自らの影響力を強めていく家康(内野聖陽)。

三成(山本耕史)は家康を討つため伏見城下の徳川屋敷を急襲することを決意するが、暗殺計画は本多正信(近藤正臣)に漏れてしまう。

正信は諸大名に危機を訴え屋敷の守備に駆けつけるよう呼びかけ、徳川につくかどうかを試す。

一気に形勢不利となった三成を救うため、信繁(堺雅人)は、昌幸(草刈正雄)のもとを訪ね、思いもよらぬ提案を行う。

 

【見どころ】

石田三成に仕えた忠臣・島左近(玉置孝匡さん)が登場!

島左近についての詳細はこちらをご覧下さい。

 

You must be logged in to post a comment Login