第34回「挙兵」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介
第34話「挙兵」

家康暗殺に失敗し謹慎することになった三成(山本耕史)。それでも収まらない清正(新井浩文)らは三成襲撃を計画する。信繁(堺雅人)は伏見城下での武力衝突を恐れ、きり(長澤まさみ)に上田へ帰るよう指示するが、きりは玉(橋本マナミ)のもとに身を寄せる。信繁は、信幸(大泉洋)と協力して三成を守ろうと立ち向かう。そして、家康(内野聖陽)は会津の景勝(遠藤憲一)を攻めることを決意。いよいよ、関ヶ原の戦いが迫る!

 

【見どころ】

・大坂の陣で信繁とともに戦う、後藤又兵衛が登場!

・直江兼続の直江状のくだり

・三成襲撃事件、これを救ったのは信幸・信繁!?

You must be logged in to post a comment Login