第35回「犬伏(いぬぶし)」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介
第35話「犬伏」

上杉攻めのための徳川軍に従っていた真田家に、大坂で三成(山本耕史)や刑部(片岡愛之助)が打倒家康(内野聖陽)のために挙兵したという報(しら)せがもたらされる。

どちらに味方すべきか、信繁(堺雅人)、信幸(大泉洋)、昌幸(草刈正雄)の三人は下野国・犬伏(いぬぶし)の地で白熱した議論を戦わせる。

一方、きり(長澤まさみ)は三成らの人質となっていた玉(橋本マナミ)を救出に向かう。そして、三人が下した結論とは?

 

【見どころ】

真田昌幸、真田幸村(信繁)という戦国時代きっての人気キャラクターを語る時、決して避けて通れないのが、今回の「犬伏の別れ」のエピソード。

このエピソードを、最新説や、大胆な解釈によるアイデアなどを盛り込んだ脚本が話題の大河・真田丸は、どのように展開させてくれるでしょうか?

 

【関連記事】

●「河原綱家、最大の見せ場」・・・・犬伏の日以来、生涯を通して歯抜け顔のままだったという河原綱家。真田丸ではかなり最初の回から、地味に出演していた人物。その綱家の最大の見せ場?がこの回なのです。

●「大谷吉継という人物」・・・・史実、三成とは親友だったと言われる吉継。関ケ原へのストーリー展開には欠かせない重要な人物です。

●「実は仲が良かった?三成と信幸」・・・・・信幸が徳川方についた本当の理由とは?

●「犬伏の別れ、その真実」・・・・・犬伏の別れの真実に迫る投稿記事です。

●「細川ガラシャ、爆破事件」・・・・・敬虔なクリスチャンである玉におこった悲劇

 

次回・第36回「勝負」の見どころはこちらをクリック

You must be logged in to post a comment Login