第37回「信之」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介
第37話「信之」

 

【あらすじ】

関ヶ原での西軍敗北により徳川に降伏した信繁(堺雅人)と昌幸(草刈正雄)。

信幸(大泉洋)と忠勝(藤岡弘、)による、家康(内野聖陽)への必死の助命嘆願により、高野山への流罪と決まる。

しかし、その代わりに家康が信幸に命じたのは厳しい条件であった。

一方、大坂に立ち寄った信繁は、三成(山本耕史)と刑部(片岡愛之助)の最期について知ることになる。そして高野山に向かった信繁たち一行を待ち構えていたのは…。(※NHK ONLINEより 元のページはこちら

 

【見どころ】

関ヶ原の戦いに敗れた三成と吉継。身を粉にして豊臣政権を支え続けた二人が、最期の時を迎える。

“超高速”に大反響「大河史に残るぶっ斬り」となった、真田丸の「関ケ原の合戦」。ここまで豊臣方の重要人物として描かれた、石田三成、大谷吉嗣の2人にもいよいよ最期が訪れます。

両名ともに、有名なエピソードを持つ別れのシーン。真田丸ではどのように描かれるのでしょうか?

 

のちに大坂の陣において信繁と共に戦う毛利勝永(岡本健一)、成長した信繁の愛娘・すえ(恒松祐里)、そして、九度山村の村長・長兵衛(木之元亮)が登場します。

大きくなった「すえ」ちゃんの成長はもちろんですが、大坂の陣では彼女を育てた叔父にあたる堀田作兵衛も信繁のもとに駆け付けます。なお、彼女自体は、信濃国長窪宿の石合十蔵という有力者に嫁いで幸せな生活をおくります。

そして、昌幸・信繁の九度山での配流生活。信繁に関してはこの時期に子供が次々と誕生し、地元の人人とも親交を結んだと言われています。後に大坂城の秀頼のもとにに馳せ参じる際には、信繁の九度山脱出に協力しただけでなく、共に大坂の陣に参戦したものも多数存在したと言われ、今回登場する村長・長兵衛も重要な役割を果たすのかも知れません。

そしてもうひとり、毛利勝永。大坂夏の陣では信繁に負けるとも劣らない戦いぶりで勇名を馳せた戦国武将です。※今回唯一?ジャニーズからの配役、岡本健一さんが登場します。(宇喜多秀家はジャニーズを辞めています・・)

 

敗将となった昌幸と信繁を救うため、舅(しゅうと)の忠勝とともに大坂へ乗り込む信幸。家康に対し、真田の意地を見せつける。

実際に両名の命を救うために奔走したといわれる信幸・改め信之と、その岳父・本多忠勝。真田の家名を残す、真田信之の永く険しい戦いは、この時、まさに始まったといえるのではないでしょうか?

 

【おすすめ関連記事】

信繁の九度山ライフ① ~昌幸の死と大勢の子供たち~

毛利勝永

これぞ武士! 知将・大谷吉継と家臣との感動秘話

 

 

 

You must be logged in to post a comment Login