第41回「入城」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介
第41話「入城」

【あらすじ】

豊臣秀頼(中川大志)に味方することを遂に決意した幸村(堺雅人)。

しかし、ろう人(牢人)たちが大坂城に集まっていることを知った家康(内野聖陽)は、九度山の見張りを増やすように命じます。

脱出のための策を練る幸村。

一方、信之(大泉洋)には家康からの出陣命令が届きます。

信之は、二人の息子の初陣にしようとするが、稲(吉田羊)から、ある提案がなされます。

そして、大坂城に向かった幸村は、茶々(竹内結子)と運命の再会をする。

※詳しくは元のホームページ NHKオンラインをご覧ください。

 

【見どころ】

①;九度山脱出劇

いよいよ真田信繁あらため、真田幸村が大阪城に入城。ストーリーはクライマックスの大坂の陣へと突入することになります。

そして幸村は、その家族を引き連れて九度山を脱出。様々な逸話を後世に伝えるこの脱出劇が、劇中、どのように伝えられるのか?見どころと言えるでしょう。

NHKオンラインのフォトギャラリーを見たところでは、幸村の監視役に服部半蔵が登場!佐助との忍者対決が見られる模様です。

さらに、大坂城入城にあたって幸村が山伏に変装を施しているようですが、風貌が達磨大使??のようにも見えますし、場合によっては年齢的には真田昌幸にななっているとも考えられます。このあたりは放送を待つことにしましょう。

※史実に伝わる、九度山脱出に関しての詳細記事はこちら 九度山脱出劇~信繁の九度山ライフ・最終章④~

 

②;新キャストが続々登場!

まずは、信之の長男(母・こう)・信吉(広田亮平)、信之の次男(母・稲)・信政(大山真志)、が初登場。今後、幸村との再会を果たすシーンも用意されると考えられる二人です。あらすじによると、稲(吉田羊)から信之にある提案がなされる。とのことですが、これは、二人の息子を出陣させながらも、自身は参加しなかった大坂の陣での信之のエピソードが関係しているのかもしれません。(※この時期、信之は痛風を患っていたとの記録あり)。つまり、信之の不参加は仮病だったとか?そういうことですね。

さらに、名主の息子・石合十蔵(加藤諒)。信繁長女すへの旦那さん。(いい味だしてます!) すへの育ての親であり、叔父にもあたる堀田作兵衛が大坂の陣にて、幸村のもとに駆けつけたことから、戦後この石合十蔵は危険な目にあうことになります。

そして、豊臣方の若き武将・木村重成(白石隼也)も初登場。秀頼の乳母兄弟でもあり、また側近でもある重成。初陣の若武者にもかかわらず、幸村や後藤又兵衛らとたいへんな活躍をする武将です。

 

③幸村、秀頼と再会!

さて、久方ぶりに大坂城に入った幸村。成長した秀頼と再会を果たすと、徳川を打ち破るため、早速父・昌幸譲りの知略を披露する。とあります。はたしてどんな知略なのでしょうか?

You must be logged in to post a comment Login