第42回「味方」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介
第42話「味方」

【あらすじ】

幸村(堺雅人)は、久しぶりに茶々(竹内結子)との再会を果たす。

一方、家康(内野聖陽)は、幸村が大坂方に加わったことに大きな恐れを抱き、出陣を急ぐ。

大坂城に集まった牢人たちの中には、後藤又兵衛(哀川翔)、毛利勝永(岡本健一)、長宗我部盛親(阿南健治)らがいた。

豊臣秀頼(中川大志)は幸村に総大将になってもらいたいと願っていたが、又兵衛や勝永らは激しく異議を唱える。そこで、幸村は一つの策を提案する。

※詳しくは元のホームページ NHKオンラインをご覧ください。

 

【見どころ】

いよいよ徳川家康が大坂へ出陣!史実でも真田幸村が大坂城へ入城して、2カ月後には大坂冬の陣が始まっており、つまりこの短期間に出城である真田丸も築城されたことになります。

そして、幸村の元へは、蟄居・幽閉生活を過ごした九度山だけでなく、上田からも馳せ参じた者が多数おり、堀田作兵衛もそのうちのひとり。しかし、それを許さないとする信之との戦いが描かれるようです。

さらに、豊臣家のもとに集う新キャストが続々登場。

茶々の叔父・織田有楽斎(長益)(井上順)、豊臣方に加担した牢人・塙団右衛門(ばんだんえもん)(小手伸也)、そして、豊臣秀頼の正室・千(永野芽郁)などです。

しかし、戦の指揮を執る総大将をめぐって牢人衆が対立。

そんな状況の中、幸村が講じた策とは…?

とありますが、果たしてどんな策略を見せてくれるのでしょうか。

 

【関連記事】

伝説の出城・真田丸の完成まで~アイデアは又兵衛?~

You must be logged in to post a comment Login