第47回「反撃」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介
第47話「反撃」

 

【あらすじ】

茶々(竹内結子)は、幸村(堺雅人)の反対を押し切り、家康(内野聖陽)との和睦に傾く。

和睦交渉での阿茶局(斉藤由貴)の寛大な態度に、きり(長澤まさみ)は大きな不安を感じる…。結局、大坂城の外堀を埋め、真田丸砦(とりで)を破却することが決定してしまい、幸村は激しい衝撃を受ける。もはや戦うすべを失った又兵衛(哀川翔)や勝永(岡本健一)らの、豊臣家への怒りが頂点に達する…。

※元の情報はNHKオンラインをご覧下さい。詳しくはこちら。

 

【見どころ】

大坂城の天守に被弾した砲撃。日本史上、初とも言えるその一発は、砲弾そのものよりも、精神的なダメージを城内に与えることになります。

ドラマでは触れられていない点ですが、徳川方にせよ、兵糧が圧倒的に不足していたことで、この時期にはたいへん追い込まれていたということもあったわけですから、ここまで戦いを有利にすすめていた豊臣方は、この一件で一気に形勢を不利な状況に持ち込まれてしまったと言えます。

そしてその後の、豊臣方は初(常高院・じょうこういん)と大蔵卿局に対して、徳川方は阿茶局(雲光院・うんこういん)との、女性を中心とした和平交渉が、一見、平和裏にスタートすることになります。

しかし、これこそがまさに相手の弱みに付け込んだ徳川方の老獪な策。この回の見どころは、家康が阿茶局(雲光院・うんこういん)という、いわば手練れを利用して、「大坂城の外堀を埋めてしまう」という、ほとんどミラクルな約束を取り付けることに成功した点。後世、真田を描いた物語では、必ず狸おやじとして描かれる徳川家康のキャラクターを決定づけたエピソードと言えるでしょう。

その他、真田信之と小野お通との恋愛物語もサブストーリーとして描かれるので注目です。もっとも、こちらは稲(小松姫)が事前に勘付いたことで信之の思惑通りにはならなかったようですが・・・

 

【関連記事】

豊臣家を滅亡へと導いた張本人 大蔵卿局

~信之が愛した女性~ 小野お通

You must be logged in to post a comment Login