任天堂の歴史と美学が詰まった旧本社ビルがホテルに。“中興の祖”山内溥の孫に聞く、創業家の使命

任天堂の歴史と美学が詰まった旧本社ビルがホテルに。“中興の祖”山内溥の孫に聞く、創業家の使命

「任天堂」の旧本社ビルが、この4月にホテルとして生まれ変わった。その名も 「 丸福樓(まるふくろう)」。創業家の山内家がかつて用いた屋号「丸福」に由来する。 旧本社ビルは大正時代に建てられ、1930〜1950年代に本社として使われた鉄筋コンクリートのモダン建築だ。これまで非公開だったが、任天堂ファンの間で「聖地」として知られていた場所だった。 3代目社長の故・山内溥氏の孫で創業家の一員である山内万丈さん(29)は 「世界的な企業となった任天堂も、その道のりは試行錯誤と挑戦の歴史だった。社員たちと様々なアイディアを試行錯誤し、もがき苦しんだ時代があった」 と語る。 Business Insider Japanでは、任天堂“中興の祖”と呼ばれた祖父との思い出とともに、ホテルに込められた任天堂創業家の歴史と哲学を万丈氏に聞いた。 任天堂“発祥の地”は、歴史を象徴する場所「言いしれぬオーラ感じる」 ── 今回、任天堂の旧本社ビルをホテルにリノベーションされた経緯について。任天堂と創業家の山内家の歴史とともに伺えればと思います。 任天堂の創業は、1889(明治22)年に花札職人の山内房治郎(1859〜1940)が花札の製造・販売を始めたことがきっかけです。 事業規模が大きくなると、房治郎の娘婿で2代目の山内積良(1883〜1949)が1933年に 「合名会社山内任天堂」 を設立。創業の地に鉄筋コンクリート造りの本店を構えました。これが山内任天堂の旧本社で、この度「丸福樓」として生まれ変わった建物になります。 旧本社は3つの建物が連なった構造になっており、 いまインタビューをお受けしている部屋がある建物は、かつて事務所があった事務棟でした。 真ん中は住居棟で、創業家の自宅として使われました。一番奥にある建物が倉庫棟。いずれも1930年代に建設されたものになります。 ホテル名にも使われている「丸福」は山内家の屋号で、任天堂の商号でもあります。 戦後間もない1947年、積良は山内任天堂が製造した花札・かるた(百人一首)・トランプなどを販売する子会社「株式会社丸福」を設立。これが現在の法人としての「任天堂」の母体となりました。 その2年後、1949年には積良の孫だった私の祖父・ 山内溥(1927〜2013) が後継として社長に就任。以後、52年にわたって任天堂の社長を務めました。 そして「山内任天堂」は現在、創業家のファミリーカンパニー「株式会社山内」となり、この建物も創業家が所有するものになります。 ── まさに「任天堂」発祥の地でもあり、歴史を象徴する建物。これまでも任天堂ファンには「聖地」として知られていた場所でした。 住居棟にはずっと曾祖母が住んでいて、ご先祖さまの仏壇もありました。 物心ついた頃から祖父(山内溥氏)や父に連れられて、この建物にも来ていたんです。山内家は、お墓参りや法事などには結構厳しい家だったんです(笑)。 父も私も、この建物には言いしれぬオーラをずっと感じていて……。 近年になって、この建物が相当つくりこまれた貴重な建築だと再認識されたこともあり、「このまま寝かせておいていいものなのか……」と葛藤していたんです。 この建物も、あと数年で落成から100年を迎えます。 「次の100年」に、どうすれば歴史を伝えられるか、それも私たち創業家のミッションだと考えるようになりました。 時代を越えて、この建物が愛され、残るためにはどうすればいいのか。その中で、ホテルとして残すのも一案ではという話になったんですね。 色々な方からお話をいただく中で、歴史的建造物をホテルや結婚式場として活用する事業を手掛けているプラン・ドゥ・シーさんに、プロデュースとホテルの経営をおまかせすることになりました。 さらに建築家の安藤忠雄さんにも監修をいただき、実際に旧本社をホテル化する計画が固まりました。 任天堂を世界的企業に育てた祖父・溥の哲学「運を天に任せる」 ── 山内家では墓参や法事などの年中行事を大事にされていた。任天堂を世界的ゲームメーカーに育て、“中興の祖”と呼ばれたおじいさま(山内溥)の影響だったのでしょうか。 はい。祖父は「成功」という言葉がとても嫌いだったんですね。一方で、祖父は 「人は運を信じなければいけない」 とも言っていました。 そして、こんなことも言っていました。 「世の中でうまくいっている人の言葉を金言のように聞いて、『なるほど』と言って真似をしたがる人がいるけれど、自分にはそれが理解できない」 「なぜなら、うまくいっているのは全て運だからだ」 経営者たるもの努力することは当然です。祖父も自分の理想を描いて、そこに到達しようと仕事に全力で取り組んでいました。 成功もあれば、失敗もあった。倒産の危機すらありましたから。 そんな祖父だからこそ、最後には「運」を天に任せることも大事だとも言っているんですね。 […]

元の記事の確認はこちらクリックでお願いします。 www.msn.com

この記事を書いた人

目次
閉じる