萩野公介さん絶叫「歴史が動く!?」「やばい」「オーマイガー」マルシャン400個メで大会記録

萩野公介さん絶叫「歴史が動く!?」「やばい」「オーマイガー」マルシャン400個メで大会記録

<競泳:世界選手権>◇18日◇第1日◇ブダペスト◇男子400メートル個人メドレー決勝 世界記録を更新しようかという好タイムが飛び出し、テレビ朝日で解説した萩野公介さん(27)が日本時間深夜に絶叫した。 若手のレオン・マルシャン(20=フランス)が4分4秒28の大会記録で優勝したこのレース。同種目で16年リオデジャネイロ五輪金メダリストの萩野さんは終盤、好記録誕生の可能性が高まるにつれてテンションアップ。「ちょっと待って、ちょっと待って。ここで歴史が動く!?」「いやいやいや、本当にやばい」「オーマイガー」。マイクの前で興奮を隠そうとしなかった。 少し時間がたったあと、番組放送終了直前に萩野さんは「すみません。最後は語彙(ごい)力がなくなっていました」。苦笑いを浮かべつつ、「圧倒的に速すぎて脱帽です」と、勝者のマルシャンをたたえた。 SNSでは「萩野さんの興奮ぶりから、タイムのやばさが伝わった」「面白すぎる。こんな話し方する人だったんだ」など、好意的に捉える声が相次いだ。

元の記事の確認はこちらクリックでお願いします。 www.msn.com

この記事を書いた人

目次
閉じる