日本と韓国「歴史問題がどうも決着しない」深い訳 「死ねば水に流す」日本「死んでも許さない」韓国

日本と韓国「歴史問題がどうも決着しない」深い訳 「死ねば水に流す」日本「死んでも許さない」韓国

戦後77年目を迎え、日本を取り巻く外交環境は激変した。バイデン政権の意向もあり、韓国の新政権と岸田政権の歩み寄りが取りざたされる中、日韓の歴史問題はどのようにすれば乗り越えることができるのだろうか? これに答えるのが、「最強の働き方」「一流の育て方」などのベストセラーでもよく知られ、日本で最も有名な在日コリアンの1人である、ムーギー・キム氏。多方面から大きな反響を呼んでいる新著『京都生まれの和風韓国人が40年間、徹底比較したから書けた! そっか、日本と韓国って、そういう国だったのか。: 文化・アイドル・政治・経済・歴史・美容の最新グローバル日韓教養書』から一部を抜粋・再編集し、「日韓の責任観の圧倒的な違い」について考える。 今回のトピックは… 猛暑で身も心もメルトダウンしているのに、さらに熱く燃えさかっているのが、新刊『そっか、日本と韓国って、そういう国だったのか。』の発売を機に始まった本連載へのコメントだ。 やれレーザー照射はどうなんだ、ベトナム戦での責任はどうした、一方的な李承晩(イ・スンマン)ラインはどうなんだと、 「私に言われても困る批判」のオンパレード である。 しかしそれでも励みになるのは、温かい皆様の無言のサポートだ。またコメントで批判しておられる方も、内心徐々に私に好感を抱き始めていらっしゃるのだという微かな予感がある。そこで今日も元気にグローバル視点満載の、高教養コラムを提供させていただこう。 戦後77回目の終戦記念日を迎える中、今回のトピックはズバリ 「日本の政治家は過ち・失敗を極度に避けたがるので、失敗を認めるのが苦手だ」 ということだ。それが、日韓の歴史問題がなかなか決着しない原因にもなっている。 以下ではその背景となる、日本固有の文化的特徴を探っていこう。 韓国の立場からすると、「日本人は、 日ごろはすぐに『すみません』と言うのに、歴史に関してはなぜはっきりと謝れないのか? 」と、 過去に無責任 だと思われがちである。 時折「謝罪」しても、核心の部分は曖昧にしたり、あとで「あの謝罪は間違っていた」みたいな発言をして、骨抜きにしたりもする(もちろんそうでない人やケースも多いので一般化はできないが、以下は全体的な政治傾向としてお読みいただきたい)。 とくに「歴史問題」においては顕著で、具体的に言えば、連立政権でリベラル政党の社会党出身の首相だったときや、自民党内部でハト派が力を持っているときは戦時の植民地支配について「謝罪」したが、その後の長期タカ派政権では、いわゆる「村山談話」も「河野談話」も形式的には維持したものの、骨抜きにするような発言がたびたび聞かれたのは、ご存じのとおりだ。 実際のところ日本人は、 「個人的でささいなこと」 あるいは 「どう見ても自分がたいして悪くないこと」に関しては、すぐに「すみません」砲を放つ 。 しかし、 重要なことや帰属集団に影響が及ぶこと に関しては、 責任回避傾向 が強いように思えてならない。 『 「韓国が歴史問題にあんなにしつこい」深い理由 』 でも述べたように、 韓国人は歴史問題に限らず、何事にもとにかく「真相究明」や「白黒つける」ことにこだわる のだが、それと比べると 日本人は「水に流す」傾向が強い のだ。 「過去にさかのぼってほじくり返すのは御法度」の日本 日本では、 死人に鞭打つこと、過去にさかのぼってほじくり返すことは御法度 とされる。 以前、あるモデルの女性が10年以上前に芸能界の大物に「枕営業」を持ちかけられたことを告白し、そのとき同席していた人気男性芸能人のことを批判して一瞬話題を集めた。 しかし、そこでの視聴者の反応の多くは、 「そんな昔のことをいまさら持ち出すな!」 という 「過去を持ち出すこと」 への反発であった。 […]

元の記事の確認はこちらクリックでお願いします。 www.msn.com

この記事を書いた人

目次
閉じる