『歴史人』史上初!木村拓哉演じる“織田信長”が、保存版特集『戦国レジェンド』の表紙を飾る!

『歴史人』史上初!木村拓哉演じる“織田信長”が、保存版特集『戦国レジェンド』の表紙を飾る!

株式会社ABCアーク 人生2度目の織田信長を演じた木村拓哉は、“新しい信長像”を目指すため、どのような想いで信長を“生きた”のか? 株式会社ABCアーク(本社:東京都港区、代表取締役:園部 充)が毎月6日に発行する歴史エンターテインメントマガジン『歴史人』の3月号を2月6日(月)に発売。本号では、映画『レジェンド&バタフライ』で織田信長を演じる木村拓哉が表紙を飾る。著名人を起用した表紙は、歴史人史上初となる。 歴史人3月号のテーマは、「戦国のレジェンド」。 織田信長、伊達政宗、真田幸村ほか乱世を駆けた英雄たちの生き様を、功績や後世への影響力などの項目で採点したランキングを発表する。他にもレジスタンス部門・梟雄部門・軍師部門・二世部門など様々な角度のランキングを掲載し、読者人気がとりわけ高い戦国のレジェンドたちを徹底解剖する。 ― キャスト・スタッフが一丸となってつくりあげた “ 最高のエンターテインメント ”作品! 傍にいてくれる人の大切さや、存在の大きさ、人を愛することのできるという幸せを感じて欲しい。 幼い頃の木村にとって織田信長は、心の片隅でずっと意識してきた、戦国時代のスーパーヒーローだった。本作品では、25年前に演じた信長とは違う、“新しい信長像”が見えてきたと語る。その“新しい”視点を授けてくれたのは、“濃姫”綾瀬はるかの存在や、それを想像させる台本も影響していたという。 レジェンドの重圧や責任、不安、そして夫婦にしか分からない物語を、人生と重ね合わせ織田信長として“しっかりと生きた”想いについて語ったインタビューは、ファンならずとも必見の内容となっている。 さらに、映画を鑑賞した方必見の、劇中に登場するロケ地マップも掲載されている。 好評発売中の歴史人3月号を読み、映画にも登場する多数のレジェンドたちについて学び直してみよう。 月刊『歴史人』3月号 概要 特集:「戦国のレジェンド」 発売日:2023年2月6日(月) 定価:950円(税込) 発売元:ABCアーク ▼ご購入はこちら 楽天ブックス: https://books.rakuten.co.jp/rb/17405280/ その他、全国の書店・コンビニ等で販売 ▼歴史人についての情報はこちら 会社概要 株式会社ABCアーク 〒105-0004 東京都港区新橋6-22-6 JOYOビル4階 本コーナーに掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。弊社が、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。本コーナーに掲載しているプレスリリースに関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(release_sankei@prtimes.co.jp)まで直接ご連絡ください。

元の記事の確認はこちらクリックでお願いします。 www.sankei.com

この記事を書いた人

目次
閉じる