幸村・第一の影武者~穴山小助~

幸村・第一の影武者~穴山小助~

モデルになったと言われるのは、やはり同姓同名の穴山小助で、穴山梅雪の甥にあたる人物。 (※穴山梅雪は真田丸第一話にも登場します。) ただし、小助に関しては、創造上のキャラクターという説もあります。   小助のス […]

望月六郎~火薬と爆弾のプロ~

望月六郎~火薬と爆弾のプロ~

真田忍者のルーツ、滋野三家につながる望月家の六郎は火薬のプロ 真田十勇士のメンバーのうち、海野六郎の海野氏・根津甚八の根津氏(祢津・禰津とも)と並んで、いわゆる真田家の出自を語るうえで欠かせないのが望月氏。その望月氏の名 […]

最古参の真田十勇士~海野六郎~

最古参の真田十勇士~海野六郎~

実在の人物をモデルに持つ真田十勇士のメンバー 真田十勇士の中でも、実在のモデルが一番明確なのが、この海野六郎(うんのろくろう)と言えるでしょう。同名の海野六郎、または海野六郎兵衛がそれと言われています。 このブログでもた […]

火縄銃の名手~筧十蔵~

火縄銃の名手~筧十蔵~

  「立川文庫」に登場する筧十蔵は元・蜂須賀家の家臣で、火縄銃の名手という設定です。 物語では、真田幸村が大坂城内の蜂須賀家に滞在した際、その人柄に惚れ込み、家臣となったというストーリー。 ※史実で言っても、幸 […]

兄・三好清海入道にも負けない豪傑~三好伊三入道~

兄・三好清海入道にも負けない豪傑~三好伊三入道~

同じ真田十勇士の、三好清海入道の弟という設定の豪傑がこの三好伊三入道です。 立川文庫の「真田幸村」では、三好家を出奔した破戒僧として。 また、「真田三代記」では、後に同じく真田十勇士のメンバーとなる、由利鎌之助と手を組ん […]

海賊上がりの真田十勇士~根津甚八~

海賊上がりの真田十勇士~根津甚八~

真田家の出自の祖になる滋野氏には滋野三家と呼ばれる、海野氏・望月氏・根津氏がある。 真田十勇士のメンバーの中には、この三家出身のメンバーが揃っている。 その中の一人がこの根津甚八です。 根津氏は、真田家の本家である海野氏 […]

天下無双の鎖鎌の名手~由利鎌之助~

天下無双の鎖鎌の名手~由利鎌之助~

「真田三代記」によると、鎌之助はもともと三河国野田城の城主・菅沼新八郎の家臣だったという。当時、羽柴秀吉と柴田勝家は織田信長の後継者ポジションを巡って対立しており、賤ヶ岳で秀吉に負けた勝家は北ノ庄城に籠城していた。秀吉に […]

伊賀流忍術の使い手・佐助最大のライバル~霧隠才蔵~

伊賀流忍術の使い手・佐助最大のライバル~霧隠才蔵~

真田十勇士の筆頭格・猿飛佐助。そのライバルと言えば、みなさんもご存知のこの人物「霧隠才蔵」でしょう。 実際に講話や文庫などの「真田十勇士」でも佐助に代わり主役を務めることも。 子供たちからの人気も二番手であったに違いない […]

怪力無双の大男~三好清海入道~

怪力無双の大男~三好清海入道~

三好清海入道のモデルは、大坂の陣において豊臣方で討死した三好政康(入道名・清海)との説があります。 出典:ウイキペディア   坊主頭で大男。でも、どこか憎めない。真田十勇士の三好清海入道は弟の伊三入道とともに、 […]

真田十勇士の筆頭格~猿飛佐助~

真田十勇士の筆頭格~猿飛佐助~

真田十勇士の筆頭 あらゆる忍術をあやつるヒーロー それが、猿飛佐助です。   明治から大正にかけて大流行した「立川文庫」の創作キャラクター「猿飛佐助」 わずか12年の間に200編ものタイトルが発売されたそうです […]

真田十勇士とは?

真田十勇士とは?

真田十勇士(さなだじゅうゆうし)は、武将・真田信繁(真田幸村)に仕えたとされる想像上の10人の家臣のこと。 講談から生まれた信繁の人気と伝説が進化して生まれました。 個性豊かな登場人物たちは、あくまで伝承上の架空の人物で […]