信繁の九度山ライフ③~サナール紐と真田紐!~

昌幸・信繁の情報収集にも役立った?真田紐 九度山に蟄居していた真田昌幸・信繁父子が真田紐を考案し、生計を立てたという有名な俗説。真田の国元である上田付近は織物の産地であり、同じく九度山も織物の産地であったことからこのよう […]

真田幸昌~信繁の嫡男・大助~

いわゆる真田三代記など講談等では、昌幸、幸村(信繁)、そして大助(幸昌)とこの3人のストーリーとなることが多い真田一族の物語。 大助(幸昌)は幸村(信繁)の嫡男として、母は春・竹林院(大谷吉継の娘)の間に九度山で誕生しま […]

信繁の九度山ライフ②~密かに鍛錬を重ねた日日~

屋敷の火災~災難までふりかかる信繁一家~ 九度山における十数年におよぶ信繁の配流生活。1611年(慶長16年)に父・昌幸が亡くなったあとも、生活費の工面にさえ汲々とするさまは、この時期の信繁自信の筆による手紙などの一次資 […]

信繁の九度山ライフ① ~昌幸の死と大勢の子供たち~

真田昌幸・信繁の父子が高野山に向かった際、これに随行したいわれる家臣は、池田長門守、原出羽守、高梨内記、小山田治左衛門、青柳清庵ほか16名。徳川から随行する家臣の人には制限を設けられていたとも伝わっています。 これら随行 […]

真田左衛門佐信繁~官位とその名の由来~

いよいよ中盤も過ぎ、早いもので第27回を迎えようとしている「真田丸」。主人公・信繁と、その兄・信幸は兄弟そろって従五位下の官位を授り出世。ということになります。 真田信幸・・・伊豆守(いずのかみ) 真田信繁・・・左衛門佐 […]

信幸は伊豆守、信繁は左衛門佐。官位、従五位下に叙任!

天正18年(1590年)、秀吉の小田原征伐が成功し北条家が滅亡。東北の雄・伊達政宗も従えての宇都宮仕置、その後の奥羽仕置を済ませて、秀吉は名実ともに天下統一を果たします。 この時期に秀吉は、徳川秀忠、上杉景勝、小早川隆景 […]

豊臣政権下の真田信繁、大名だった?

真田昌幸・信幸、名実ともに大名へ 小田原城を攻略し、北条家を滅亡へと追いやった秀吉。その後に旧北条領の仕置をおこない、徳川家康の関東転封を決めています。 出兵に協力した、佐竹・結城・宇都宮らの諸大名は領国安堵。 そして北 […]

竹林院(信繁の正室)ときり

竹林院(信繁の正室)ときり

前半で生き生きと描かれる信繁・側室のふたりの女性 大河ドラマ「真田丸」、前半の第9回が終了しました。今のところ、信繁はいまだ元服(※当時の成人のこと)を迎えておらず、ストーリーの脇に華を添える女優陣、黒木華さんの「お梅」 […]

信繁の初陣は?

信繁の初陣は?

信繁の初陣は?第一次上田合戦への参戦は? 真田信繁(幸村)という人物を考えるときに、みなさんの頭をたびたに悩ませるのが、その歴史的資料が少ないということです。まさにそれが、この初陣はいつだったか?ということでしょう。その […]

真田幸村、それとも信繁? 正しいのはどちらなのか②

真田幸村、それとも信繁? 正しいのはどちらなのか②

以前にも投稿させていただいた記事、真田幸村、それとも信繁? 正しいのはどちらなのか、その第2弾になります。 今回は、私見たっぷりに語りますので、おしかりの言葉・ご意見などはコメント欄にお願いします。 歴史を語る楽しさ 歴 […]

真田家の甲冑~信繁(幸村)所用・鉄二枚胴具足~

真田家の甲冑~信繁(幸村)所用・鉄二枚胴具足~

真田信繁(幸村)の所用だったと伝わる胴具足。 鉄二枚胴具足です。 南蛮(ヨーロッパ)の甲冑の影響を受けているデザインで、松代藩真田家に代々受け継がれ来たという一品。 ※松代藩真田家は信繁の兄・信幸(信之)を藩祖とする家系 […]

真田幸村、それとも信繁? 正しいのはどちらなのか

真田幸村、それとも信繁? 正しいのはどちらなのか

「幸村」=「信繁(のぶしげ)」その名について 現在、真田信繁と表記される機会も多くなっているのですが、本当に「幸村」と呼ぶことは間違いなのでしょうか。その人生について、謎の多い人物ならではの疑問なのかも知れません。 幸村 […]

真田幸村~その生涯と戦い~

真田幸村~その生涯と戦い~

真田昌幸の次男。 真田信繁(さなだ のぶしげ)。 「真田幸村(さなだ ゆきむら)」の名で現在は広く知られている。 江戸時代初期の大坂の陣で豊臣方の武将として活躍し、特に大坂夏の陣では、3500の兵を持って徳川家康の本陣ま […]