信繁長女・すへとその夫・石合十蔵

すへは真田信繁(幸村)と堀田作兵衛興重の妹の間に生まれた長女。小県長窪郡の本陣を運営する石合十蔵道定に嫁ぎました。本陣とは大名向けの宿のことで、石合家は地元でも名主、有力者であったと言えます。(※長窪宿は中山道で最も古い […]

真田信政

真田信政は1597(慶長2)年、沼田城で真田信之と正室・稲(小松姫)の間に信之の2番目の子供として生まれました。 その3年後、1600(慶長5)年の関ヶ原の戦いでは、祖父・昌幸と袂をわかつことになった父・信之は、徳川方に […]

真田信吉(のぶよし)~信之の庶長子~

信之の長男になる真田河内守信吉(かわちのかみのぶよし)。実母は清音院殿で、大河・真田丸で言うところの「おこうさん」の実子にあたります。 こう・清音院殿は真田の当主であった信綱の娘ですから、時勢が違えばこの信吉こそが、真田 […]

片倉久米之介守信(真田守信)~信繁の次男・幼名は大八~

陸奥・仙台藩士として生きた人生 真田信繁と春・竹林院の次男として九度山時代に誕生。慶長17年(1612年)のことなので、信繁たちが大坂城に入城するわずか2年前になります。その3年後の大坂夏の陣(慶長20年5月)で、父・信 […]

石川貞清~信繁の娘婿と春(竹林院)~

金色の旗を掲げて、秀吉の使番を仕えた戦国武将 「使番」とは、合戦場にでの伝令や監察、敵軍への使者などを務めた役職にあたります。石川貞清は天下人・秀吉を象徴するカラー、金色の指物(旗)を鎧(よろい)の背にさして行動した、金 […]

真田幸昌~信繁の嫡男・大助~

いわゆる真田三代記など講談等では、昌幸、幸村(信繁)、そして大助(幸昌)とこの3人のストーリーとなることが多い真田一族の物語。 大助(幸昌)は幸村(信繁)の嫡男として、母は春・竹林院(大谷吉継の娘)の間に九度山で誕生しま […]

信繁の九度山ライフ① ~昌幸の死と大勢の子供たち~

真田昌幸・信繁の父子が高野山に向かった際、これに随行したいわれる家臣は、池田長門守、原出羽守、高梨内記、小山田治左衛門、青柳清庵ほか16名。徳川から随行する家臣の人には制限を設けられていたとも伝わっています。 これら随行 […]

信繁の母・薫(山手殿)は公家の娘ではなかった?

高畑淳子さんが演じる信幸・信繁の母親・薫(山手殿)。 真田丸では京の公家出身で昌幸に嫁いだという設定。でてっきり進行するのかと思いきや、まさかの・・・という興味深い展開になりそうな気配です。 薫(山手殿)については、以前 […]

こう・清音院

第20話の「前兆」。稲(小松姫)を正室に迎えることで信幸から離縁されてしまう、長野里美さん演じる「おこう」さん。 ですがストーリー上、この回をターニングポイントとして、さらに魅力的なキャラクターに変貌(進化)をとげるらし […]

こう・離縁された信幸の最初の正室

堺雅人さんが真田信繁(幸村)を演じる放送中の大河ドラマ「真田丸」。 ダイナミックな戦国絵巻でありながら、真田家の“家族の物語”を描く 同作で、信繁の兄・信幸(大泉洋)の妻・こうが注目を集めています。 病弱なこうですが、婚 […]

竹林院(信繁の正室)ときり

竹林院(信繁の正室)ときり

前半で生き生きと描かれる信繁・側室のふたりの女性 大河ドラマ「真田丸」、前半の第9回が終了しました。今のところ、信繁はいまだ元服(※当時の成人のこと)を迎えておらず、ストーリーの脇に華を添える女優陣、黒木華さんの「お梅」 […]

戦(いくさ)巧者の矢沢頼綱②

戦(いくさ)巧者の矢沢頼綱②

真田幸隆の弟、昌幸から見れば叔父にあたる矢沢頼綱。当初は独立性を保持した活動をしていますが、昌幸が継いだ真田家が大きく成長していくにつれ、頼綱の矢沢家はその筆頭家老としての地位を確立していくことになります。 そしてこの頼 […]

薫(山手殿)

薫(山手殿)

高畑淳子さんが演じる信幸・信繁の母親・薫。真田丸では京の公家出身で昌幸に嫁いだという設定の中、活発なキャラクターの信繁の祖母・とりや姉・松とは違い、上品な女性として描かれています。対比を見せることでその人物像を際立たせる […]

松(村松殿)

松(村松殿)

弟、信幸・信繁から慕われた、真田昌幸の長姉 松(名は於国)は、永禄8年(1565年)真田昌幸の長女として誕生。信幸、信繁の姉にあたり、大河・真田丸では木村佳乃さんがはつらつと演じられているのが印象的な女性です。 天正10 […]

とり・恭雲院(きょううんいん)

とり・恭雲院(きょううんいん)

真田信繁(幸村)の祖母であり、昌幸を名将に育てた戦国のゴッドマザー 大河「真田丸」、NHKの公式サイトでは、「偉大な武田信玄の全盛期を知る、信繁の祖母。昌幸を名将に育て上げた、戦国のゴッドマザー」と紹介されています。演じ […]

小山田茂誠(おやまだしげまさ)

小山田茂誠(おやまだしげまさ)

武田家の名門「小山田氏」を出自に持つ、茂誠。主家滅亡後は真田とともに 大河ドラマ「真田丸」では高木渉さん演じる、小山田茂誠(しげまさ)。信幸や信繁(幸村)の姉にあたる松(木村佳乃さんが演じます。※村松殿とも)の結婚相手に […]

矢沢三十郎頼幸(矢沢頼康)

矢沢三十郎頼幸(矢沢頼康)

真田丸では「三十郎」 真田幸隆(真田信繁の祖父)の弟・矢沢頼綱の嫡男で、天文22年(1553年)生まれと言われ、真田昌幸の従兄弟(いとこ)にあたります。 真田氏に対しては一門衆の家臣となります。大河・真田丸では迫田孝也さ […]

矢沢頼綱(よりつな)

矢沢頼綱(よりつな)

昌幸の叔父さん。苗字は違えど、真田一族です。 真田頼昌の3男とされ、真田幸隆の弟にあたる人物で、若い頃出家し、京都鞍馬の僧となりますが、程なく郷里に戻って還俗(げんぞく:僧を辞めて一般人に戻ること)したとの逸話も。大河・ […]

真田信尹(さなだのぶただ)

真田信尹(さなだのぶただ)

昌幸とは双子の可能性も!?信繁も尊敬する叔父・信尹(のぶただ) 真田幸綱(幸隆)の四男で、昌幸の弟。信幸・信繁の叔父にあたる人物です。大河「真田丸」では、栗原英雄さんが熱演する物語の重要人物。 史実の信尹は、後に松代藩と […]

真田昌輝

真田昌輝

「我が両眼なり」は昌幸ではなく、昌輝? 真田幸隆の次男。信綱の弟で、真田昌幸の兄にあたります。 武田家では、騎馬50騎持の侍大将で、武田二十四将にも数えられました。長篠合戦で兄・信綱とともに奮戦するも討死しています。 小 […]

真田信綱

真田信綱

昌幸の兄・信綱は、武田家でも一目置かれる豪勇の士 武田信玄、勝頼の2代に仕えた真田幸隆の長男。昌幸の兄にあたる人物です。天文6年(1537年)生まれ、天正3年の長篠の戦で討死。 江戸期には、武田二十四将にも数えられた戦国 […]

真田幸隆

真田幸隆

六文銭を始めに旗印として使用した、真田家中興の祖。 甲斐国の戦国大名であった武田氏の家臣。 信濃の在地領主で、昌幸(信繁の父)ら息子三人とともにと共に、武田二十四将にも数えられる。 幼名は次郎三郎、通称は源太左衛門、剃髪 […]