第20回「前兆」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介

第20話「前兆」

茶々の懐妊・歓喜する秀吉にそれを揶揄する落書きが・・・

秀吉の側室となった茶々が子供を身ごもります。
大望の世子の誕生に有頂天となる秀吉。ですが、城下ではそのことを揶揄する落書きが発見されます。
信繁は、石田三成、大谷吉継らと犯人探しに乗り出しますが操作は難航。
怒りの収まらない秀吉は、犯人が見つからなければ門番や町人たちまでも処刑すると言いだします。
これを回避するために、知恵を絞る信繁。
そして、豊臣政権への信頼を揺るがしかねない事態に、秀吉の正室・寧は重い口を開くのでした。
苦楽を共してきた最愛の妻の言葉に戸惑う秀吉は・・・

 

【見どころ】

秀頼の父親は誰なのか?

秀吉と茶々の元に最初に誕生した鶴松。彼は残念ながら早世してしまう訳ですが、その2年後には拾(秀頼)を出産しています。

科学的な検知から見ても、秀吉には子作りをする能力はなかったと(当時も)考えられており、秀頼の父親が誰なのか?という問題は非常に重大だったと言えます。

やがて崩壊する豊臣政権の遠因とも言えるこの出来事を、第20話「前兆」ではたっぷりと時間をかけ描かれることになるのでしょう。※秀頼の父親が誰なのか?ということについての考察はこちらをご覧下さい。

 

稲(小松姫)を正室として迎えることで離縁を迫られる信幸の妻「こう」

信幸が徳川方の武将・本多忠勝(藤岡弘、)の娘・稲(吉田羊)と政略結婚することになる第20回。

元の正室であるこうは、信幸から離縁を切り出されてしまいます。

個性的な真田家の面々の中でも特に“濃い”役柄。婚礼の席で突然踊り出すなど思わぬ言動でたびたび笑いを誘ってきた、おこうさん。

演じる長野里美を直撃。信幸との離縁について聞いたインタビュー記事はこちら。

今後のこうの活躍について語られた非常に興味深い記事となっています。

You must be logged in to post a comment Login