敵も味方も真っ赤っか!~真田丸、赤備えvs赤備えの戦い~

戦闘の経緯 慶長19年10月2日(1614年11月3日)、豊臣家では旧恩ある大名や浪人に檄を飛ばし、合戦準備に着手。秀吉の遺した莫大な金銀を用いて全国から集めた総兵力は約10万人。年明けは、真田信繁(幸村)、長宗我部盛親 […]

もうひとりの安房守~北条氏邦と真田昌幸~

武勇に優れた氏邦の活躍 戦国の雄将・北条氏康の四男で、北条氏政の弟にあたる北条氏邦。氏康が武蔵の豪族・藤田氏を攻め落とすと、氏邦は戦略的に藤田家を乗っ取るかたちで婿入り、家督を継承して藤田安房守氏邦を名乗りました。 くし […]

「真田丸大河ドラマ館」入館66万6666人達成

大河ドラマ「真田丸」の放送に合わせて1月17日に上田城跡公園(長野県上田市)にオープンした「信州上田真田丸大河ドラマ館」。 ドラマが好評なこともあり、累計入館者数がこのたび“6並び”の66万6666人を達成したと発表があ […]

第37回「信之」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介 第37話「信之」   【あらすじ】 関ヶ原での西軍敗北により徳川に降伏した信繁(堺雅人)と昌幸(草刈正雄)。 信幸(大泉洋)と忠勝(藤岡弘、)による、家康(内野聖陽)へ […]

第34回「挙兵」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介 第34話「挙兵」 家康暗殺に失敗し謹慎することになった三成(山本耕史)。それでも収まらない清正(新井浩文)らは三成襲撃を計画する。信繁(堺雅人)は伏見城下での武力衝突を恐れ、きり […]

馬印(うまじるし)

馬印(※馬標、馬験とも。) 戦場や行軍で、戦国武将が自分の位置を示したり、また味方の士気を鼓舞するために用いた装飾物で、いわば軍旗のような役割を果たしました。木や竹などの周囲からもよく見える高い位置にとり付けられ、そのデ […]

第33回「動乱」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介 第33話「動乱」 秀吉の遺言をことごとく無視し、自らの影響力を強めていく家康(内野聖陽)。 三成(山本耕史)は家康を討つため伏見城下の徳川屋敷を急襲することを決意するが、暗殺計画 […]

数正息子・石川康勝のボヤ騒ぎ ~真田丸での大失策・災い転じて福となす~

石川数正の嫡男・康長と次男・康勝、大坂城に入城 徳川家康の元を出奔し、豊臣方 に寝返った石川数正。関ケ原の合戦の際には数正は死去していますが、彼の死後も石川家は嫡男・康長が家督を相続、信濃・松本8万石の大名家を存続させま […]

第32回「応酬」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介 第32話「応酬」 上杉景勝(遠藤憲一)、宇喜多秀家(高橋和也)など有力大名たちによる政権運営が始まる。 家康(内野聖陽)と三成(山本耕史)は、お互いに宴(うたげ)を開いては、自分 […]

第31回「終焉」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介 第31話「終焉」 秀吉(小日向文世)の死期が近づく。(この件について、詳しくはこちら→秀吉~天下人のその最期~) 遺言状をめぐり対立する三成(山本耕史)と家康(内野聖陽)。寧(鈴 […]

バテレン追放令とサン・フェリペ号事件 ~二十六聖人殉教の悲劇~

バテレン追放令 秀吉は、もともと織田信長の政策を継承。キリスト教布教を容認する立場をとっていました。1586年(天正14年)3月には大坂城にイエズス会宣教師ガスパール・コエリョを呼び引見、5月にはイエズス会に対して布教の […]

第30回「黄昏」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介 第30話「黄昏」 大地震に見舞われ、落成を前に伏見城は倒壊してしまう。秀吉(小日向文世)から普請を命じられていた昌幸(草刈正雄)は生きがいを失いふさぎこむ。秀吉は再び大陸へ攻め込 […]

キリシタンの大工・吉蔵 ~フランシスコ吉~

真田丸・第29回「異変」に、玉・細川ガラシャとともに登場する、キリシタンの大工・吉蔵。 豊臣秀吉による禁教令を受けて長崎で刑死し、殉教者として聖人に加えられた日本二十六聖人の一人である、フランシスコ吉(フランシスコきち) […]

秀吉~天下人のその最期~

秀吉の付け髭。猿は自ら呼んだ? 「身長が低く、また醜悪な容貌の持ち主で、片手には6本の指があった。目が飛び出ており、シナ人のようにヒゲが少なかった」と記したのはルイス・フロイス。当時の武将は髭を蓄えるのが習慣だったので、 […]

第29回「異変」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介 第29話「異変」   【見どころ】 ●信繁、大谷吉継の息女・春と婚姻する ●昌幸、薫の出自が菊亭晴季の息女ではないことを、信幸、信繁に告白(※ただし、公家の出身には違い […]

信幸は伊豆守、信繁は左衛門佐。官位、従五位下に叙任!

天正18年(1590年)、秀吉の小田原征伐が成功し北条家が滅亡。東北の雄・伊達政宗も従えての宇都宮仕置、その後の奥羽仕置を済ませて、秀吉は名実ともに天下統一を果たします。 この時期に秀吉は、徳川秀忠、上杉景勝、小早川隆景 […]

第28回「誤解」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介 第28話「誤解」 早朝の大阪城内。人気のない蔵の中に身を潜める秀次。何もかもに嫌気のさしてきたという秀次は心配するきりにその身を発見されるのです。   建築途中の伏見城 […]

後藤又兵衛(基次)②~長政との逸話。こんなにある!不仲の理由!!~

後藤又兵衛、黒田長政との逸話。こんなにある!不仲の理由!! ●前述の城井氏との争いでは、実は長政と又兵衛は敗戦しています。その際、一揆鎮圧軍を率いていた長政は頭を丸めて父・官兵衛に詫び、それに追従して家臣も頭を丸める中、 […]

後藤又兵衛(基次)

黒田如水(官兵衛)、黒田長政親子に仕え、「黒田八虎」にも数えられた豪勇の戦国武将・後藤又兵衛。大河・真田丸では、哀川翔さんの配役が発表されました。黒田家を出奔して、牢人した後に、大坂の陣では豊臣方として入城。真田信繁の強 […]

豊臣秀吉、終焉の城・伏見城

東山から連なる丘陵の最南端に位置。南には巨椋池が広がり、水運によって大坂と京都とを結ぶ要衝の地である伏見の地に築かれた伏見城。三度に渡って築城されたというこの城はどんな経緯をもって築かれたのでしょうか?   豪 […]

三成、家康、下痢だった!?

IBS(過敏性腸症候群)は現代人ばかりではなかったのだそう。ヨミドクターからの転載記事となります。 元の記事はこちらをご覧下さい。 2013年3月12日 コラム 「偉人たちも下痢だった」   石田三成、徳川家康 […]

小早川秀秋、関ヶ原の寝返り決断遅れは肝疾患のせい?

6月27日(月)12時12分配信の読売新聞(ヨミドクター)に興味深い記事が投稿されていましたので転載いたします。 詳しい内容。また、元の記事に関してはこちらをクリック→関ヶ原の小早川秀秋、肝疾患で「寝返り」遅れ? &nb […]

第27回「不信」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介 第27話「不信」   真田源次郎信繁は、秀吉から関白・秀次に付くよう申し付けられます。心配性で小心の秀次を安心させようという配慮からでした。 また、秀吉は赤子に「拾(ひ […]

大徳寺~一休さんを輩出した大本山と千利休~

千利休の切腹の理由ともなったと言われる、「大徳寺三門(※寺院を代表する正門のこと)改修に当たり、利休が自身の木像を楼門の二階に設置、その下を秀吉に通らせ、秀吉を激怒させた。」という逸話。その舞台となった臨済宗大徳寺派の大 […]

第26回「瓜売」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介 第26話「瓜売」 天正19(1591)年12月、鶴松の死後、秀吉は関白の座を秀次に譲りました。これ以後の秀吉は、慣例に従って「太閤」と呼ばれることになります。こうして秀吉の他、寧 […]