幸村の馬上筒 ~家康を追いつめた伝説~

実は種子島伝来以前に日本に伝来していた火縄銃。 15世紀前半にヨーロッパで発明され、1543年(天文12年)に種子島に伝来(「鉄炮記」より)されたとされる、マッチロック式(火縄式)銃は火縄銃と呼ばれ、戦国期、またたく間に […]

第48回「引金」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介 第48話「引鉄」

第47回「反撃」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介 第47話「反撃」   【あらすじ】 茶々(竹内結子)は、幸村(堺雅人)の反対を押し切り、家康(内野聖陽)との和睦に傾く。 和睦交渉での阿茶局(斉藤由貴)の寛大な態度に、 […]

第46回「砲弾」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介 第46話「砲弾」   【あらすじ】 幸村(堺雅人)が築いた真田丸砦(とりで)を攻めあぐねる家康(内野聖陽)は、幸村に10万石の領地を約束するなどさまざまな調略に乗り出す […]

第45回「完封」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介 第45話「完封」 【あらすじ】 幸村(堺雅人)が築いた真田丸砦(とりで)に、家康(内野聖陽)は大きな脅威を感じる。 徳川軍の中には、信之(大泉洋)の2人の息子たちや、景勝(遠藤憲 […]

第44回「築城」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介 第44話「築城」 【あらすじ】 幸村(堺雅人)は、大坂城の最大の弱点となる南側に出城を造ることを思いつく。 しかし、同じことを考えている男がもう一人いた。さて、織田有楽斎(井上順 […]

第43回「軍議」

NHK大河ドラマ「真田丸」ストーリー紹介 第43話「軍議」 「あらすじ」と「みどころ」、そして「予想」   【あらすじ】 徳川軍が大坂城に迫る中、茶々(竹内結子)は幸村(堺雅人)と密かに会い、ある願い事をする。 […]

信繁長女・すへとその夫・石合十蔵

すへは真田信繁(幸村)と堀田作兵衛興重の妹の間に生まれた長女。小県長窪郡の本陣を運営する石合十蔵道定に嫁ぎました。本陣とは大名向けの宿のことで、石合家は地元でも名主、有力者であったと言えます。(※長窪宿は中山道で最も古い […]

伝説の出城・真田丸の完成まで~アイデアは又兵衛?~

1614年(慶長19年)の大坂冬の陣にて、豊臣方の真田幸村(信繁)が大坂城平野口の南に構築したと言われる曲輪(※城の内外を土塁、石垣、堀などで区画した出丸) 言わずと知れた、NHK大河ドラマ「真田丸」の名称にもなっている […]

真田信政

真田信政は1597(慶長2)年、沼田城で真田信之と正室・稲(小松姫)の間に信之の2番目の子供として生まれました。 その3年後、1600(慶長5)年の関ヶ原の戦いでは、祖父・昌幸と袂をわかつことになった父・信之は、徳川方に […]

大谷吉治~幸村とともに戦った吉継の息子~

一説には実弟とも伝わる、大谷吉継の子・大谷吉治。官位は大学助を叙任しており、史料によっては大谷大学などと記される場合もあります。(※その他、諱(いみな)に吉胤や吉勝など。) 真田幸村(信繁)は義理の兄にあたります。 慶長 […]

九度山脱出劇~信繁の九度山ライフ・最終章④~

NHK大河「真田丸」 永かった信繁の九度山LIFEも、豊臣秀頼からの招きに応じたことでいよいよ終わりに、大坂城入城のための信繁(※ここから先は幸村と呼ばせていただきます。詳しくは真田左衛門佐信繁~官位とその名の由来~)と […]

夜討ちの大将・塙団右衛門(ばんだんえもん)

江戸時代、軍記物や講談で民衆のヒーローに 本来の名は、塙団右衛門直之。出身地や素性がはっきりとしない、まさに謎だらけの戦国武将。秀吉以来の豊富な軍資金を使って、全国の牢人衆をかき集めた豊臣家。まさにその牢人のイメージにぴ […]

織田有楽斎(長益)

覇王・織田信長の弟、栄華の時 信長とは年齢が13歳離れた弟にあたる織田有楽斎。信長の存命時には長男・織田信忠の旗下にあり、信長が武田軍と対峙した甲州征伐などに従軍ました。 天正9年(1581年)の京都御馬揃えでは、信長の […]

【予想】真田丸最終章~大坂の陣の合戦シーンはかつてない規模に!~

1年というのは早いもので、毎週末が待ち遠しいNHKの大河ドラマ「真田丸」もいよいよ最終章。真田幸村(信繁)が突如、歴史の中で輝きを放った「大坂冬の陣」、「大坂夏の陣」が描かれることになります。第39話を終えた時点での、こ […]

片倉久米之介守信(真田守信)~信繁の次男・幼名は大八~

陸奥・仙台藩士として生きた人生 真田信繁と春・竹林院の次男として九度山時代に誕生。慶長17年(1612年)のことなので、信繁たちが大坂城に入城するわずか2年前になります。その3年後の大坂夏の陣(慶長20年5月)で、父・信 […]

秀頼から信繁へのオファー ~大坂からの使者~

方広寺鐘銘事件の顛末(てんまつ)をきっかけとして、にわかに顕著になった豊臣と徳川の亀裂。双方の交渉はやがて緊迫したものと発展していきます。(※これまでの経緯は、投稿記事 方広寺鐘銘事件の真実~家康の言いがかりではなかった […]

真田幸昌~信繁の嫡男・大助~

いわゆる真田三代記など講談等では、昌幸、幸村(信繁)、そして大助(幸昌)とこの3人のストーリーとなることが多い真田一族の物語。 大助(幸昌)は幸村(信繁)の嫡男として、母は春・竹林院(大谷吉継の娘)の間に九度山で誕生しま […]

「秀頼に落とされ死んだ」大坂の陣、オランダで新文書

2016.9.21 20:44配信の産経WESTより、元の記事はこちらをご覧下さい。 駐日オランダ人が「大坂の陣」を記録 「寝返った大名が秀頼に落とされた」 日文研、オランダの大学と共同調査 徳川家が豊臣家を滅亡させた慶 […]

敵も味方も真っ赤っか!~真田丸、赤備えvs赤備えの戦い~

戦闘の経緯 慶長19年10月2日(1614年11月3日)、豊臣家では旧恩ある大名や浪人に檄を飛ばし、合戦準備に着手。秀吉の遺した莫大な金銀を用いて全国から集めた総兵力は約10万人。年明けは、真田信繁(幸村)、長宗我部盛親 […]

信繁の九度山ライフ②~密かに鍛錬を重ねた日日~

屋敷の火災~災難までふりかかる信繁一家~ 九度山における十数年におよぶ信繁の配流生活。1611年(慶長16年)に父・昌幸が亡くなったあとも、生活費の工面にさえ汲々とするさまは、この時期の信繁自信の筆による手紙などの一次資 […]

数正息子・石川康勝のボヤ騒ぎ ~真田丸での大失策・災い転じて福となす~

石川数正の嫡男・康長と次男・康勝、大坂城に入城 徳川家康の元を出奔し、豊臣方 に寝返った石川数正。関ケ原の合戦の際には数正は死去していますが、彼の死後も石川家は嫡男・康長が家督を相続、信濃・松本8万石の大名家を存続させま […]

木村重成(しげなり)

秀頼とは乳母兄弟の側近 父は関白・豊臣秀次の側近だったと伝わる木村重茲(しげこれ)。文禄4年(1595年)の秀次切腹事件の後、重茲やその長男や娘も処刑されますが、その当時、まだ3歳であった重成と、秀頼の乳母を務めていた重 […]

凡庸の2代目、徳川秀忠という男

真田丸第28回。この回は、豊臣秀次切腹事件が新説(斬新な解釈)を用いて展開する中、星野源さん演じる徳川秀忠が初登場。秀次の影に隠れて、ネットではあまり話題に上らなかったようですが、個人的にはたいへん興味深いものでした。家 […]

本多正純(まさずみ)

永禄8年(1565年)、本多正信の嫡男として生まれた正純。この時、正信は三河一向一揆に参加して徳川家康に反逆しました。その後、一揆が家康によって鎮圧されると、家中を追放されて大和の松永久秀を頼ります。(このエピソードの詳 […]